〜妊娠、天使に会うための10ヶ月〜

ニッセン ニッセン
【ニッセン出産準備キャンペーン】抽選で6,000名様にプレママBOXプレゼント!(2007/12/25まで) 簡単応募で毎月100名様に育児応援グッズが当たる!(〜2007年3月31日)
【先輩ママへの質問】
最後の質問です。
あなたの妊娠〜出産経験を通して、どんなことでもいいので、
これから妊娠〜出産を迎える人へのアドバイス、メッセージ、
エール、忠告など、ありましたら教えてください。(経験談でもOK)
ささいなことでも構いませんので、先輩ママとして一言お願いします。


【回答】 女性しか妊娠、出産を味わえません。
でも、やはり辛いので二人目妊娠中には主人に「代わりに産んでー」なんて弱音を吐いたこともありますが、出産を経験して自分自身も強くなり、それが母親になるステップになるのだと思います。
自分の母の偉大さを再認識し、感謝の念がわくようになりますね。
出産後の育児は大変でイライラすることもありますが(出産より子育てのほうが大変です・・・)、自分のお腹が生まれてきた我が子はやはり可愛いものです。
幼児虐待のニュースなどを耳にするととても心が痛みます。
産後、子どもに対してイライラする時には出産の時の可愛い我が子の誕生を思い出してみるのがいいのかもしれませんね。
(静岡県、Y.M、30代)


【回答】 人間の欲には、きりがない。好きなことをやり尽くしてから・・・と思うと、タイムリミットが過ぎている場合があると思う。
「アレもしたかったな〜、コレもしたかったのに・・・。」と、思うことは多々あるだろうが、これから迎える「妊娠〜出産」の世界は、未知の世界を開く扉。どうせなら、好奇心一杯に、思いっきり楽しんで下さい。
(バルセロナ、N.Y、30代)


【回答】 赤ちゃんの存在ってほんとにすばらしいです。
それまでの出来事のどんなことにもかなわない素晴らしいことです。
10ヶ月間おなかにいて、私達が親になる準備期間を経て赤ちゃんにやっと出会えます。泣いたり笑ったりとっても忙しい赤ちゃん。おっぱいを吸うのを休んでじっと見つめるなんともいえない愛らしい顔、本当に幸せな気持ちになります。そしてこう思うのです、「何のとりえもない私やけどお母さんにしてくれてありがとう」と。
(大阪府 M.W、30


【回答】 妊娠中はあまり物事を深く考えず、できたら楽しいことを考えて過ごした方が得だと思います。例えば、無事に産んだ後に自分にどんなご褒美をしようかなとか(笑)

出産は家族みんなでするものだと思います。
パパにも積極的に声をかけてあげて、産まれたらこうなんだよーって伝えてあげると良いと思います! だんだんお腹の子もわかってくるしパパも嬉しくてかわいくなっていくと思います。
そうすると、生まれた後もパパが可愛がるので、楽ですよ♪

お腹が大きいとやりたいこともできないし、服だって限られてしまいちょっとつらいかもしれませんが、産まれたらとってもかわいいし、楽しい生活になると思うので頑張ってください☆

PS:ぽっかぽかというまんがを読むと家族の楽しさや、生まれた後の理想や夫婦がどう協力していけばいいかが、わかるような気がして、私は大好きです☆
(埼玉県、Y.Y、20代)


【回答】 産めるなら産むべきです。
妊娠期間はわずか10ヶ月、ツライことも多いですが、
妊娠〜出産にかけて人生観が変わります。
産めるのに産まないといつか後悔するかもしれません。
産んで後悔することはありえません。

そして強い母になってください。赤ちゃんを産むということはもうひとつの命を守れる力があるということです。
(東京都、コジ、30代)


【回答】 私が思う、理想の出産をする為の心構え。

※ 出産は怖くありません!! 
我慢できないほど痛くもありません! 必要以上に不安にならないで、可愛い赤ちゃんと出会えることを楽しみにvvv
  
※ 出産方法をインターネットで調べるなどして、『自分の希望』を明確に しておく。(産院を選ぶ際に、自分の希望がわかっていれば、これが出来るかどうか、と判断していけば良いので、産院も選びやすい。)

※ 相性の良い病院・先生と出会えるよう、幾つか見に行っても良いと思います。 (妊婦なのですが、見学させて下さい、と言えば、見学させてもらえる所がほとんどです。)
 
※ 通っている産院に不満や心配点があったら、思い切って途中で産院を変える事も考える。(後でやっぱり・・・と後悔するより、その時の行動力を!!) 
(神奈川県、F.I、30代前半)


【回答】 私の周りの人に聞いて思ったのは、何か心配なこと例えば金銭的なこととか人間関係とか不安を抱えている人はつわりもひどく、妊娠中のトラブルも多かったようです。
精神的な面が大きく影響すると思うので妊娠中は努めて心を平静に保つことが必要なのかなと思います。
また、赤ちゃんが生まれてからはしばらく旅行とか外食とか行けなくなるので、自分ひとりで動ける時間を大切に、思い残すことがないくらいいろんなことをした方がいいと思います。
でないと産後ストレスが溜まるかも〜。
産後の育児について今から不安な方もいると思いますが、みんな誰でもそうでした。「習うより慣れろ!」の気持ちでドンと構えて赤ちゃんと会える日を楽しみに迎えてください。
(福岡県 スイカ 33才)


【回答】 出産は女性だけが経験できる、すばらしい体験だと思います。医療も、医学も年々進歩していますが、出産だけは昔と変わらず、女性が痛みに耐えて産むものです。
はっきりとした言葉では言えませんが、出産を乗り越えるということはすばらしいことだと思うのです。
産めるのに経験しないのはもったいないと思うくらいです。
ただ、産んだ後の方が産むまでより何倍もたいへんだということは忘れてはなりませんが。
(和歌山県、みかん、38歳)


【回答】 始めはどうしても神経質になってしまうけれど、なんとかなるもの。あまり神経質にならないで気を楽にして、妊婦生活を楽しんでほしいと思います。産院でプレママ友を作ると心強くなります。
私は緊張しまくっていたので、お産するまで妊婦の友達ができず、

さびしい妊婦生活になってしまいました。 
(埼玉県、みーけん、30代)


【回答】 妊娠出産は女性にとってとても大変な経験だと思います。
それゆえ、いろいろな苦労(体型の変化、気持ちの変化、責任、金銭問題、過程のありかたの変化)が伴うかと思いますが、絶対に幸せの方が大きいものです。つらいことがあってもめげずに、もうじき大きな幸せが来る!とがんばってください。
産んだ瞬間にこの言葉の意味をわかっていただけると思います。
(静岡県、こうたんママ、26歳)


【回答】 2人目のお子様を妊娠する方には当てはまらないかもしれませんが、妊娠期間は女性に与えられたボーナスだ、という言葉を聞いたことがあります。確かに10ヶ月の間これほど自分の体をいたわることはないのでしょうか? 仕事を辞めたり、家でゆっくりする時間も増えると思います。出産したら育児に追われて自分の時間などほとんど取ることが出来ません。

だから、妊娠期間はゆったり自分を見つめなおしてみることもいいかもしれません。それが素敵なママになる1歩になるはずだと思います。

出産は女性しか経験できません。男性がどんなに出産したくてもできないのです。そんな貴重な体験をできることを誇りに思いたいですね。
(神奈川県、S.F、25歳)


【回答】 <最後に管理人ayanの場合>
妊娠・出産は女性にとって人生の一大イベントです。
たった10ヶ月のことですが、いろいろなことを考え、感じ、悩み、苦しみ、そしてしあわせを感じることができるはずです。
妊娠期間は、その真っ只中にいるときは長く感じるかもしれませんが、過ぎてしまえばあっという間の出来事です。
産んでしまえば、もう赤ちゃんはあなたとは別の存在になります。
赤ちゃんと心身ともに一心同体でいられる特別な時間を、楽しみながらゆったりと過ごして下さい。
赤ちゃんと実際に会える瞬間は、人生最高の感動になるはずです。
(愛知県 ayan.27歳)


●このページのTOPへ戻る  

先輩ママの妊娠体験談

先輩ママに聞いた
妊娠経験談
  アンケートです。
●つわり
つわりはあった??
つわりはどんなかんじだった?
つわりの食生活について
つわりはこんなふうに終わる
つわりの過ごし方アドバイス



●妊娠中の生活
妊娠中の行事(戌の日など)
産婦人科を選ぶときのポイント
たばこ・アルコール・カフェイン
妊娠中に旅行した?しない?
「胎教」ってどんなことしたの?
妊娠中のストレスについて
何ヶ月までお仕事してた?
出産前に性別を尋ねた?



●妊娠中の体の変化
初めての胎動について
妊娠にまつわるトラブル経験
妊娠中、気になった体の変化
体重増加はどれくらいだった?
できた? できない? 妊娠線



●出産に際して
どんな分娩方法を選んだの?
出産のサインってどんなもの?
立会い出産、した? しない?
実際に出産する前の恐怖感
ずばり、痛かった!?
赤ちゃんとの初対面の瞬間



●妊娠〜出産を振り返って
一番嬉しかったことはなに?
一番つらかったことはに?
妊娠〜出産を迎える人へ




















しあわせ妊娠生活HOMEへ戻る