しあわせ妊娠生活 > アズのふたりめ妊娠生活 > ふたりめの妊娠発覚
ふたりめ妊娠発覚
アズです。現在、夫と長男(3歳)の三人暮らしです。

一人目の子が1歳半を過ぎたころから、再度子作りを再開したものの、なかなか上手くいかず、生理周期も28〜48日近くまでバラつくようになってしまいました。そろそろ二人目が欲しい…そんな気持ちが大きくなり、長男が2歳半を過ぎたころから、治療を兼ねて産婦人科に通い始めました。

婦人科で検査をした結果、「特に問題はないのであとはタイミングですね。」とのこと。医師との話し合いの結果、生理が始まってから黄体ホルモンを、そして排卵日には着床を手助けするために、軽い誘発剤を使うことに。

そこの産婦人科には、結局、半年ほど通院しました。しかし、産科がメインの産婦人科だったためか、あまり効果が見られず、ただ日にちばかりが過ぎていきました。できれば、長男と3学年差に間に合うように2人目が欲しかったので、今度は地元で評判の不妊治療専門の産婦人科に行ってみることにしました。

そこでは、最初の産婦人科よりももっと詳しい検査をしてくれたり、対処法も細かいかんじだったので、これならば期待できそう、と思っていたところ、
なんと1回目のチャレンジで妊娠成功! こんなにもスムーズにいって
びっくりしたのと、嬉しくてたまらないのとごちゃまぜな気分でした。

産婦人科で定期的に診察を受けながらの妊娠だったため、妊娠発覚も、前回の生理から32日後と比較的早かったです。しかし、やはり胎芽や心拍はあと2週間くらいしないと見えないとのことで、ちゃんと確認できるまでは安心ができなくて、すごくやきもきしながら2週間を過ごしました。

途中、妊娠5週目後半からはめまいがするようになり(※めまいの経験は、一人目妊娠の時にもあり)、妊娠6週目からは本格的につわりがはじまってなかなか辛い日々でした。それでも、一人目の時よりはどうも軽いような気がするので今回はマシなのかも。
(一人目の時は何を食べても吐いてばかりでした。)

そして2週間後の検診で、無事胎芽や心拍も確認できたので、一安心。
あとはつわりを乗り切らなくては・・・
(2006/5/29更新)