しあわせ妊娠生活 > 8人のしあわせ妊婦さん > あみさんのしあわせ妊娠生活 : 胎動、そして性別(妊娠5か月)
あみさんのしあわせ妊娠生活
胎動、性別(妊娠5か月)

胎動・そして性別(妊娠5か月)



旅行の帰りの飛行機で、初めて胎動を感じた。妊娠18週に入っていたし、そろそろかなと思っていたが、飛行機で出されたスプライトを飲んでいたら、スプライトの泡の、もっと大きいようなものが、胃でも腸でもない、下腹でプクプクする感触があった。
だんだんその場所も変わり、ちょっと違う感触になることもある。「これが胎動か!」と、なんだか感動した。それまでは、お腹は大きくなってきていたものの、イマイチお腹に赤ちゃんがいるという実感がなかったが、これで初めて実感できるようになった。


旅行から帰って2日後、いよいよ待ちに待った超音波検査の日がやってきた。
アメリカでは、異常がなければ超音波検査は妊娠期間中、たった1回だという。その分高性能な機械なので、性別もほぼ確実にわかるらしい。ずっと楽しみにしていたものの、当日は体調が悪かったので、あまり気分はすぐれなかった。

モニター画面に映し出された赤ちゃんは、本でよく見るような、立派な赤ちゃんの姿をしていた。そして、指をくわえたり、口をもごもごさせたり、足が頭につくほど丸まったり、くるくると動いていた。かわいい♪
これだけ動くんじゃ、胎動も感じて当然だと思った。そして程なく「Pretty girl.」と言われた。女の子、か。ただ見えないだけでなく、ほぼ確実らしい。

私は昔から、なぜか自分の子供は女の子だと思っていた。妊娠してからもずっとそんな予感がしていたので、予想通りだった。ほっとしたような、少し残念なような・・・。男兄弟のいない私は、子供が男の子だと想像もつかないような生活になりそうでワクワクしていたし、主人は男の子を欲しがっていた。でももちろん、女の子でも嬉しい♪

胎動を感じ、姿を見て、そして女の子だとわかり、一気に赤ちゃんがいるという実感でいっぱいになった。それまでは、お腹の赤ちゃんに話しかけるなんて・・・と思っていたが、無意識のうちに話しかけるようにまでなった。
異常があるのはいやだけど、でもまた超音波検査、してほしいな・・・。


(2005/7/19 更新)