しあわせ妊娠生活 > 8人のしあわせ妊婦さん > 菊丸さんのしあわせ妊娠生活 : 妊娠2か月 〜産院選び〜
菊丸さんのしあわせ妊娠生活
妊娠2か月 〜産院選び〜

産院選び

妊娠がわかって、最初に悩んだのが「どこの産院に通うか」。
「前の産院には世話にならない」と決めており、今回、産院を選ぶに当たっては、以下のことを条件として考えました。

1.自宅から近いこと(必須)
2.医師をはじめ、スタッフが優しいこと(必須)
3.長時間待たないこと(できれば)
4.医師がベテラン(できれば)

そこで、流産後に存在を知った、自宅から一番近い場所(車で5分、徒歩でも15分)にある産婦人科についてネットで調べたところ、全ての条件を満たすことがわかり、とりあえず行ってみることにしました。自分に合わなければまた考えよう、ということで…。



初めて産院へ

妊娠判明から3日後の妊娠6週2日目、初めて産院に行きました。前回の流産もあり、今回はどうなんだろうと正直とても不安でした。

産院に着き、受付を済ませて尿を取ると、それほど長く待たされずに診察室に通されました。以前に流産したことも含め、少し先生と話をした後内診へ。モニターには、前回とは違って(「3週間の妊娠生活」参照)きれいな丸形をした袋が映っていました。
うれしいながらもやはり不安で、帰り際に「先生、この形どうですか?」と聞くと、「非の打ち所のないきれいな形をしていますよ」と言ってニコッと笑ってくれました。先生の優しい笑顔を見て、「今回はこの先生に全てお任せしよう」と決めました。

この段階で、予定日は2005年5月5日と聞かされました。次回は1週間後。次は心拍が確認できるかも、と言われました。




袋の中に何かがいる!

1週間後、再度通院。「どうか育っていますように!」と祈りながら超音波を見ると、袋の中に、1週間前にはなかったものが、チラチラと動いているのが確認できました。
「チラチラ=心臓が動いている」ということは雑誌やネットで調べて知っていたのですが、「このチラチラは心臓が動いているんですよ」という先生の言葉で、涙が出そうになりました。ここまできてやっと、今回の妊娠に希望を持つことができました。

そして先生から、「おめでとう」と言われ、7週目にして「次の検診までに市役所行って母子手帳取ってきてね」と妊娠証明書を渡されました。(本音を言えば、、おめでとうも、母子手帳も、「え、ちょっと早いんじゃない?」と思いましたが…。)