しあわせ妊娠生活 > 8人のしあわせ妊婦さん > せいさんのしあわせ妊娠生活 : 妊娠9か月 再び自宅安静の日々
せいさんのしあわせ妊娠生活
妊娠9か月 再び自宅安静の日々

<妊娠32週〜35週 (妊娠9か月)>

妊娠9ヶ月に入って、いよいよ近づいてきた!!と実感。ここまで来ると毎週火曜日が来るたびに、週数クリア!とカウントダウンを始めました。
また、この頃から再びお腹の張りの回数が増えてきて、安静にする日が増えてきました。胎動は日によって動き方が違っていて、ときには激しくなったり、ときにはリズミカルにたたかれたり(?)。9ヶ月後半にはどんどん激しくなって痛い程です。その変化を楽しみ、成長している赤ちゃんに「元気だね。あともう少しお腹の中にいてね。元気に生まれてきてね」などと話しかけていました。

「出産まであと少し」という気持ちが、赤ちゃんがお腹の中にいる時間を今まで以上に大切にしようと思わせました。夫婦で一緒に赤ちゃんに話しかける時間はなんともいえない至福のときでした。

ちょうどこの頃、夫が風邪を引き、高熱を出して寝込んでしまいました。私もほとんど安静の状態だったのとお腹が大きくなっていたので、自由に動けず、食事の世話と看病をするにも大変でした。こんなときに風邪引かないでほしいと思いましたが、ふだん本当に夫に助けてもらって生活していたのだと実感し、夫の協力に心から感謝しました。
回復した頃、桜の季節に誘われて散歩に出かけました。満開の桜を眺めながら、「来年は赤ちゃんと3人で見に来ようね」と話しかけました。生まれてからの楽しみがまた一つ増えました。

34週の腎臓内科の受診のときに、腎臓の機能を示す検査数値が悪くなりました。さらに注意が必要になりました。安静にしておく以外出来ることはないので、再び家事も夫にまかせて横になる日々。1週間がとても長く感じられます。臨月まであと2週だから、どうにかなると信じてふたりで励ましあいました。








超軽量ふわっとベッドワイド640アイtoアイ WサーモI スパイシーレッド
超軽量ふわっとベッド
ワイド640アイtoアイW
サーモI スパイシーレッド


超軽量でありながら赤ちゃんための機能を満載した、1ヵ月-満2歳頃までの赤ちゃんのための、4つ折り両対面タイプA型ベビーカーです。