しあわせ妊娠生活 > 8人のしあわせ妊婦さん > せいさんのしあわせ妊娠生活 : 妊娠10か月 出産
せいさんのしあわせ妊娠生活
妊娠10か月 出産

出産 (妊娠38週6日め)

前日は眠たいのとだるさがあり1日寝ていました。
そして日が変わる頃、就寝したのですが、2時頃になんとなく目が覚めて寝付けませんでした。AM3:50頃、お尻の方から、「パツッ」と音がしました。なんの音だろうと思いながら、「まさか・・・?」と思ってトイレに行くと、ドパーと水が出てきました!! そして止まる気配がありません。
「これが破水?!」前もって母から聞いたとおりの症状だったので、確信しました。
すぐに病院に電話を入れて、寝ていた夫を起こして、病院へ向かいました。

陣痛はまだなかったが、病院に着いた頃から少し痛みが起こってきました。
診察室で助産師さんに診察してもらってから、陣痛室へ移動します。
9時頃にはかなり痛みがきていました。陣痛の間隔は3分痛みがあって4分休憩というところ。母子学級に出ていなかったけれど、助産師さんの言う通りに呼吸をします。

パッドを当てていたけど、いきむ度にかなり水が出ている感じがしたので、こんなに出ていても大丈夫なのかと心配になり、助産師さんに大丈夫ですか?と尋ねると、骨盤に赤ちゃんが入るまでは水が出ますとのこと。

(痛みと痛みの間の)休みには少し夫とおしゃべりが出来ていたけれど、午後になるともうとにかく痛い。夫に腰をさすってもらいながら、痛みと格闘。母がとにかく痛かったと常々話していたけれど、本当に痛い。よくこんなんで3人も産んだな、と母を改めて尊敬しました。
その上、子宮口が開ききっていないのに、赤ちゃんが降りてきているらしく、いきんではダメだと言われます。こんなに痛いときにそんなこと言われても出来ない!と思いましたが、助産師さんがするように一緒に息継ぎをしました。助産師さんがいてくれる間はスムーズに出来るのに自分でしようとすると上手くできない…。夫にも一緒に呼吸してもらってやっとどうにか保っていられるという感じでした。

16:00に助産師さんが子宮口の開き具合を確認してもらうというときに、夫が席を外し車の移動をしに行きました。ところが、このとき子宮口が全開になり、助産師さんが「お産だよ!」と言って、分娩台に移動することに。分娩台に上がってからは、助産師さんの言われる通りにいきんで、息を吐いていました。その間も夫が戻ってこないかと気が気でなりません。
いきむときに声を出すと力が抜けるから、声を出さずにいきんでと言われて、その通りに2度くらいしたときに、「頭が見えたよ。もう一度」そして次にいきんだときには頭が出て、もう一度いきんでしばらくしてから、「ふぎゃー、ふぎゃー」と声が聞こえました。

助産師さんが赤ちゃんを抱き上げてくれて、全身を見せてくれました。その瞬間、ちいちゃい、この子がお腹の中にいたんだ〜、と実感。会陰切開をしたので、先生が縫ってる間、助産師さんが赤ちゃんをお腹の上に載せてくれたので、まじまじと観察しました。手を握ったり、頭をなでたりしながら、「かわいい、ちいさい」「よく頑張ったね」「生まれてきてくれてありがとう」と話しかけたのを覚えています。愛しくてかわいくてたまりません。思わず涙が出そうでした。

陣痛室に戻ると、夫も戻っていました。(分娩台に上がってる間に戻ってきていたようでしたが、声を掛けてもらえなかったので、入室できないと思い、廊下で待っていたようです)
出産の瞬間に立ち会えなかったのが本当に残念で仕方ありませんでしたが、こんなのもありかと。一生言われて回ることになるでしょうね。夫と赤ちゃんのご対面です。夫がうれしそうです。満面の笑みでした。そしてとてもやさしい顔をしていました。私には「よく頑張ったね。お疲れさま」と言ってくれました。夫の顔を見て、心底ほっとしました。無事に出産できてよかったと。

長い長い12時間の末、2774gの男の子を出産しました。
お産が終わっての感想は、とにかく痛かったの一言に尽きます。
しかし、赤ちゃんと対面したときの感動はなんとも言えません。愛しさがあふれてきて一生かけて護っていこうと自然に思いました。
そしてそれは今も変わりません。この日から4ヶ月が過ぎました。育児は大変ですが、出産の瞬間を忘れずこれからも大事に育てていきます。












マタニティー&ベビー用品_160_600