しあわせ妊娠生活 > 8人のしあわせ妊婦さん > せいさんのしあわせ妊娠生活 : 産後の経過
せいさんのしあわせ妊娠生活
出産を終えて 産後の経過

産後の経過 (後日談)

(このページは、妊娠後の私の病変についての話になりますので、
ご興味のない方は読み飛ばしてください。)


腎臓病の私が無事に臨月まで妊娠し、出産出来たのは、妊娠中の安静のおかげだったと思います。
出産3日後の検査で悪化した腎臓の数値(クレアチニン)が戻らず、5日目の検査では腎臓の機能を示す数値(クレアチニンクリアランス)が40→30に下がっていました。
腎臓内科の先生からは将来の(10年もつかどうか)人工透析を覚悟した方がいいと言われました。それを聞いたとき、産後精神的に不安定だったのもあり、さらに落ち込んでしまいました。しかし妊娠して腎不全にならず済んでラッキーだったと思い直しました。もっと悪くなっている可能性もあったのですから。

2週間後の検査では少し戻り、4週間後ではクレアチニンは出産前に戻りました。それでも蛋白尿の数値が悪いままです。医師と相談して、人工透析までの時間を延ばすために治療をすることになり、生後間もない子供を自分の両親に預けての入院生活を3度送りました。将来を見据えての選択でしたが、離れて生活するのが寂しく、子供にすまない気持ちでした。しかし、少しでも透析の開始を遅らせたほうがいいので、これからの生活のために決断しました。今後の経過を見ないと治療の効果があったかわかりませんが、これからこの子を育てて生きていくために後悔ない選択をしたと思っています。

正直、出産後の自分の病気の進行がどうなっているか、妊娠中は考える余裕はありませんでした。なので、出産後、一番に子供のことを考えないといけない時期に、自分の身体の方を優先しなければなくなりました。思った以上に心苦しい選択で、夫や家族に迷惑をかけることになりました。

それでも、妊娠・出産したことを後悔していません。子供を産んで本当によかったと思うことがたくさんあります。また家族の協力に心から感謝しているところです。これから私が元気になって恩返しをしていきたいと思っています。




最後になりましたが、ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
そして、この機会を与えてくださったayanさんに心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。




   せいさんのレポートはこれにて終了です。ありがとうございました。






マタニティー&ベビー用品_160_600