しあわせ妊娠生活 > 8人のしあわせ妊婦さん > せいさんのしあわせ妊娠生活 : 塩分制限
せいさんのしあわせ妊娠生活
塩分制限について

塩分については、もともと腎臓病を10年以上患っていることもあって、妊娠する前から、塩分ひかえめの食事をするようにしているのですが、その一例を紹介します。


 私の塩分カット・テクニック
献立の中の1品はふつうの味付けにし、残りは薄めにする
(全部薄いと満足感がないため)
出汁をしっかり取って、塩分を少なめに調理する
みそ汁のみその量はみその味がする程度(かなり薄いです)、その上汁を残します
うどんなどの麺類の汁を残す
(出汁はすべて自家製で薄めに作っていますが残します)
スパゲッティをゆでるときにふつう塩を入れますが、入れずにゆがいています
野菜のおひたしや冷奴に醤油をかけない、レモン汁や薬味をかけて食べます
フライや天ぷらにして、調味料を使わないようにする
(揚げるとそのまま食べれます)
・・・ただ、カロリーが気になるので、ソテーにしたりしています
炒め物や肉の下味には塩を使わず、コショウのみで味付けする
パンよりご飯を食べる
・・・これがいいとわかっているのですが、パン好きな私はどうしてもパン絶ちが出来なかったので、塩分量が少ない天然酵母パンやバターやマーガリンを使わず直接ジャムや蜂蜜をぬったりして食べました。バターやマーガリンは製菓用の無塩のもので食べている人もいるみたいです。


他にもいろいろあるとは思いますので、あくまでも参考程度にどうぞ。
栄養士さんに相談したりするといいと思います。

こんな食事に付き合ってくれる夫に大・大・大感謝です。
味が足りないときは夫には自分の分だけ醤油や塩コショウを足してもらって食べてもらっています。普通の人にはどうしても物足りない味付けになります。

私はもう何年もこうやっているので全然抵抗がないのですが、妊娠中毒症になったりして、急に食事・塩分制限を始められた方は大変だと思います。
もともと妊娠中は食べれるものが限られた上でのことですから。私は次はこうしようと工夫する楽しみを見つけて食べるようにしています。

でも、たまには食べたいものを思いっきり食べたりします。そういう息抜きも必要だと思います。そしてまた次から頑張ろうと切り替えることができます。
食事は楽しく美味しく食べたいですから。


⇒ 減塩に関する書籍紹介
  (※クリックすると別ウインドウでAmazonのサイトが開きます。)
決定版カード式 一生使える毎日の低脂肪低カロリー 低塩分のおいしい献立
塩分1日6gの和風献立 バランス献立シリーズ
簡単テクニックで健康レシピ―減脂・減塩のおいしい料理


FOOD & COOKING DATA 塩分早わかり
―食品の塩分が一目でわかる Food & cooking data