〜妊夫の独り言〜

あやんぱの「パパなのだぁ」
17. 男の子? 女の子?

質問されて一番返答に困るのが「生まれてくる子供の性別の希望」。
下手に「男(女)がいい」などと性別を指定して、もし生まれてきた子の性別がそれと違ったら「希望されていなかった子」が生まれてくることになるし、妻の立場も微妙なものになってしまう可能性もある。

昔は男児を生まないと跡継ぎが途絶えてしまうということで、かなりのプレッシャーが女性にかかっていたようですが、今は時代が違う。
でも、自分の希望を言うことが、(現代でも)女性にプレッシャーを与えてしまうことになってしまうんではないか?と思ってしまうのです。
だから僕はいつも困った顔で「どっちでも」と答えるし、妻も確認するかのように「どっちでもいいよね?」と聞いてくる。

正直な気持ちを言わせてもらえば、「どっちでもいい」と言うよりも、
「どっちかなんて考えてもいない」が本音です。
僕にとって実際手に取って見てもいない子のこと(性別)を考えるのは、おばけや宇宙人のことを考えることに等しい。
妻は実際お腹に存在していて実感しているかもしれないが、僕は外側から確認はできても実感がない。

男の子だったら貰うほうだし、女の子だったらあげる方だし…そんな規定も今は無いに等しいし、実際に成人して結婚するまではどんな風になっていくかなんてわからない。
だから性別の希望なんてのは考えるだけナンセンスのように思える。
かといって無関心のように振舞うと妻は「夫は子供を必要としていない」と捉えかねない。気にしても、気にしなくても妻の不安は完全に拭い去ることはできないからそこは難しい。

男の子だったら、女の子だったら…と仮定形で話を膨らませれば膨らませるほど、不安やむなしさを生み出す危険性もあるのです。
まだ、無事に生まれてきてはいないのですから…。

希望的観測で未来を考える時、自分のことだったらああなるこうする…と希望を連ねることはできても、自分の子供と言えども別人格であるものの未来を自分が決定することは無理だと思う。
かく言う僕は親の期待をまんまと裏切ってきた人間だから、「親の期待は裏切られる」という法則がそこにあると思うんです。

だから、お腹の子供に対して僕が考えることができることは
「元気に生まれて健やかに育って欲しい」だけ。
これなら性別やその子の人格に対する先入観を持たなくて済む。
妻にも共感してくもらえることだし、子どものことを思いやっていることもわかってもらえる。

もし「子供の希望」を無視して、僕がカルト宗教の信者だとして、生まれた子供の判断もなく強制的に教えを洗脳させてしまったり、僕がバンドマンで学校よりも音楽活動やジャニーズに入れることに必死になってたり、教育パパでお受験で英会話やお作法などスパルタで教え込んだりしたとして、それを行っていたとしたら子供の人格はどこにあるのだろう?

「その子の未来の為」と思ってとった行動が「僕の未来の為」だけに偏らないように、そして僕の未来予想図がその子の変化によってずれてしまっても、決して「期待はずれの子」と責めることのないようにしていかなければと思います。

だからやっぱり、「生まれてくる子供の性別はどっちがいい?」と聞かれると、僕は一番返答に困ってしまうのです。


written by ayanpa


あやんぱの
「パパなのだぁ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妻の立場をまったく無視した独断と偏見のパパ初心者の夫からみた妊娠に関する心情を書いてみます。
女性からしてみたら不快に感じられる部分があるかもしれませんが、僕の正直な気持ちを書くことで自分のわがままとやり方の違いを考察しいきたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
INDEX
歓喜と覚悟
一人の時間、家族の時間
一人の時間、家族の時間 その2
妻が妊娠中に夫は浮気をするか?
左脳と右脳 男と女
風のふくまま
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
児童虐待
教育と環境?
パパの心配
NEVER CHANGE
狐と狸の化かし「愛」?【1】
狐と狸の化かし「愛」?【2】
愛こそすべて
遠い世界
一日の始まり
男の子? 女の子?
上の子、下の子
ビューティフル・ネーム
夫から見た出産【1】
夫から見た出産【2】
夫から見た出産【3】
一人ぼっちの足跡




コンビ(combimini)

しあわせ妊娠生活HOMEへ戻る