〜妊夫の独り言〜

あやんぱの「パパなのだぁ」
8. 児童虐待

最近とても憤りを感じる。
乳児をトイレやコインロッカーに棄てる、中絶胎児を生ごみと一緒に出す、などのニュース、、子育てノイローゼで子供を殺したりする大人。

心理学ではどんな残虐な精神の持主でも子供を殺す行為には躊躇するそうなんですが、最近はその学説もいささか疑問です。
だって、普通の人が突然そうなったりするんですから…。

でも、育児ノイローゼで子供を虐待してしまうことに対してだけは、ある種の共感を持つことができるんです。

子供に対してそんなこと考えるなんて信じられないと思うかもしれませんが、あるふとした瞬間に自分の理性を失うことがあります。
今風に言えば「キレる」となるんでしょうか?

僕はまわりの助けもあってストレスは軽減されてはいるんですが、夜中に突然泣き出したり、大切にしているものやテーブルの上の食事などをぐしゃぐしゃにされたりすると、最初は苦笑いで済むんですが、それがだんだんと積み重なってくると、洗濯機にでも子どもを突っ込みたくなることがあります。
もしも、自分が地元ではなく、近所付き合いのない知らない土地で、アパート暮らしでもしていたらを考えると、虐待してしまうかもしれないと危惧感を抱いてしまいます。
もしかしてこんな感情を持つのは自分が精神異常だからだろうか?と一時期かなり悩んだこともあります。
でも、経験者に話を聞くとそういう心理状態にもなるのはしょうがないことだと言われて安心したんです。

しかし、安心では解決になりません。
僕達が今一番気をつけているのは、生活リズムを作ってあげることです。起きる時間から遊ぶ時間、ごはんの時間を決めておくことで一日のパターンを覚えさせる最初の教育です。
朝ごはんをあんまり食べずに、中途半端な時間にお腹を空かして泣いても決まった時間にしかあげないことで、ごはんはちゃんと食べるようにするとか、そういうことです。
旅行に行ったり普段と違う行動をとるとずれがちですが、今のところうまくいっています。まあ、子育て論には千差万別なので一概にこれが正解とも言えないんでしょうが…。

自分の子育て理論で子どもが元気に育って、自分もストレスを軽減できたとしたら育児ノイローゼで最悪の事態だけは回避できますよね?
大人の都合に合わせるのはいけないことだと思いますが、今後、社会の一員として適合できるようにするのは親の努めだと思います。

でも、今僕はもっと深刻な問題を抱えています。
それは「妊娠妻ノイローゼ」。
ときどき妻を洗濯機に隔離したくなるんです。
なまじ屁理屈をこねてくる分だけ、解決できなさそうです(笑)

written by ayanpa

Post Script:
It’s been a hard day’s night And I’ve been working like a dog
It’s been a hard day’s night I should be sleeping like a log

song by THE BEATLES

あやんぱの
「パパなのだぁ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妻の立場をまったく無視した独断と偏見のパパ初心者の夫からみた妊娠に関する心情を書いてみます。
女性からしてみたら不快に感じられる部分があるかもしれませんが、僕の正直な気持ちを書くことで自分のわがままとやり方の違いを考察しいきたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
INDEX
歓喜と覚悟
一人の時間、家族の時間
一人の時間、家族の時間 その2
妻が妊娠中に夫は浮気をするか?
左脳と右脳 男と女
風のふくまま
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
児童虐待
教育と環境?
パパの心配
NEVER CHANGE
狐と狸の化かし「愛」?【1】
狐と狸の化かし「愛」?【2】
愛こそすべて
遠い世界
一日の始まり
男の子? 女の子?
上の子、下の子
ビューティフル・ネーム
夫から見た出産【1】
夫から見た出産【2】
夫から見た出産【3】
一人ぼっちの足跡


コンビ(combimini)

しあわせ妊娠生活HOMEへ戻る