読者投稿の出産体験談 
【出産!私の場合】


まんまるぽん太さんの出産 ひかるさんの出産 子宮筋腫?乳がん?異常分娩?
あなたが心配な病気はどれ?
つばめさんの出産 ユカさんの出産
暁さんの出産 ピッピさんの出産


つばめさんの出産


「つばめ」と申します。
今回は、二人目の出産ということで、一人目と比較しながら体験談を書かせていただきます。
一人目は妊娠33歳、39週0日で、2672gの男の子を出産しました。今回は36歳、妊娠40週3日で、3448gの女の子を出産しました。

一人目の出産を簡単に書かせていただきます。
予定日一週間前の夜9時ごろ、陣痛が始まったのですが、そのときはこれが陣痛かどうかわからず、しばらく様子を見ていました。その後、12時からしっかり時間を計ってみると、5分間隔になっていることに気づき、深夜1時45分に病院に入りました。(そのときは4分間隔になっていました。)

子宮口5センチということで入院、それからは陣痛がどんどん強くなり破水、4時半ごろ分娩体勢に入りました。数回いきんだのですが出てこず、医者の説明ではへその緒が一緒についてきてしまって、赤ちゃんが出られずに心拍が落ちてきているということ。吸引にします、ということで5時2分に吸引分娩で産まれました。率直な感想は、初産のわりにあれよあれよというあっという間の出産で「やったー、もう終わり。ラッキー!」でした。

* * *

今回の出産に関しては2回目ということで、出産を楽しむという意味で、いくつか目標というものを立ててみました。まずは、“つるんと産む”です。前回、吸引という器具を使っての出産だったので、なんだか達成感に関して物足りなかったのです。自分の力でつるんと出てくる感覚を体感しようと思いました。

それから、“すぐに分娩台”です。友達の体験談などで「2回目は早いよー、そのまま分娩になったよ」と何人かに聞いていたのでよしっ、私もそうなるかも。とスピード出産を期待しました。あとは、冷静にパニックにならないようにとか(これは前回も)、平日の昼間に産もう(料金が安いので)←とかいってもコントロールできるわけではないが・・・

とにかく、出産は一生のうちで多くても数回しか体験できない貴重なものです。そして、一回一回のお産もそれぞれに異なるわけですから、「この赤ちゃんを産む経験」は、一生に一度のことです。確かに痛みはただごとではないけれど、それ以上に10ヶ月お腹であたためてきた赤ちゃんとの対面というこれほど感動的なシーンはないわけで、楽しみで楽しみで、産んでしまうのがもったいないなんて思ったりもしました。

前回、予定日より早かったので、また同じくらいかなと準備万端で構えてきました。先生にも「今回は大きいから早く産むほうがいいよ」と言われ、歩いたり、拭き掃除を毎日していました。だんだん予定日が近づいてきて、お腹の中が居心地がいいのかな・・・とか、のんびりしてるのか・・・とか、2歳の長男とだけの甘い生活を満喫させてくれてるのかな・・・などと考えたりしてました。

ついに予定日超過、先生にはこれで一週間待って来なかったら入院して促進剤を使うということを言われ、なんとか自然に陣痛がこないかなと思っていました。予定日を超えた2日目、両親、息子と森林公園に行き、帰りに安産祈願のできるお寺で息子に「お願いします」とお祈りしてもらったらその日の夜、陣痛が来ました。

 


>> 続き: いよいよ陣痛開始〜出産










子宮筋腫?乳がん?異常分娩?あなたが心配な病気はどれ?


しあわせ妊娠生活HOMEへ戻る