〜妊娠、天使に会うための10ヶ月〜
 産褥期とは? 産褥期の過ごし方
 

● 産褥期とは
妊娠・出産(分娩)によって変化したママの体が、
妊娠する前の状態に戻るまで、およそ6〜8週間
かかるといわれています。
この期間のことを「産褥期(さんじょくき)」といいます。

出産は、女性にとって精神的にも肉体的にも一大事。
産褥期の期間は十分に休養をとることが大切です。
特に産後24時間は、出産を終えて精神的に昂ぶった
状態になることもありますが、ベッドで横になり、安静
を心がけましょう!


● 子宮の回復
出産後は、妊娠中に大きくなった子宮がどんどん収縮していきます。
そのために分娩後数日間は下腹部に痛み(これを後陣痛とか、後腹といいます)を
感じますが、少しずつそれも軽くなっていき、体力も回復してきます。
入院中は医師にお腹の上から触診をしてもらい。子宮の戻り具合を確認されます。
4〜6週間ほどで、子宮は妊娠前のもとの大きさに戻ると言われています。

赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうと、その刺激で子宮収縮が促され、子宮の戻りが
進みます。最初の数日間は、授乳のたびに子宮がきゅーっと痛むのでつらいですが、
がんばりましょう。

私自身は、一人目出産のときはこの産後の子宮収縮がかなりつらく、授乳のたびに
お腹を押さえていた気がしますが、二人目出産のときには最初の二日間くらいに軽い
痛みを感じた程度でした。

 
スポンサーリンク
 

● 悪露(おろ)とは
産後しばらくの間は、子宮の内側や膣の傷口などから、粘膜、血液、分泌物が
排出されます。これを悪露(おろ)といいます。はじめのうちは赤い血液が混じ
った粘膜状のもので量も多いのですが、だんだんと褐色になり量も減っていきます。

量が多い間は専用のナプキン(病院でくれるお産パッドなど)を使い、少なく
なってきたら普通の生理用ナプキンを使えばよいでしょう。
タンポンは、細菌感染を起こしやすいので使用してはいけないとのことです。

悪露(おろ)が続く間はトイレのたびに洗浄綿などで外陰部を消毒し、清潔を
心がけましょう。

● 産褥期の過ごし方
入院中はもちろんゆっくりと体を休め、休息をとることが必要ですが、退院後も
無理をせず、できるだけ周囲の家族などに協力してもらって家事などの負担を
減らしてもらいましょう。はっきりいって、赤ちゃんのお世話だけでママは睡眠
不足になってしまうと思います。
(新生児は昼夜を問わず、数時間おきの授乳が必要なので)

また、母体の回復と、授乳のために、十分な栄養摂取が必要になります。特に、
良質なたんぱく質(肉・魚・大豆等)と、鉄分は意識して多く摂るようにしましょう。
赤ちゃんの飲むおっぱいは、お母さんの血液から作られるのですから!

なお、産褥期のママの過ごし方の注意は以下の通り。

外陰部の消毒
洗浄綿(病院で渡されるもの、また市販品)で、外陰部の前から後ろの方向へ、
肛門へ向かうように拭きます。この場合、中央を最初に拭き、そのあと外側を
拭きます。
産後3日は3〜5時間ごとに、それ以後は排尿の度に拭き、清潔を心がけます。
産後2週間くらいまで(または悪露があるあいだ)は行うようにしましょう。

個人的には、ウォシュレットのトイレを重宝しました。(会陰切開の傷の縫いあと
が気になって、拭くのがおそるおそるになってしまいがちだったため。)

入浴・シャワー・洗髪
病院によって指導方針が違うと思いますが、入院中にシャワーの許可が
下りると思います。
洗髪もできますが、疲れない程度に短時間で済ませるようにしましょう。

また、退院後もしばらくの間は悪露が続くので、細菌感染を防ぐためにも
入浴は避け、シャワーのみになります。(入浴は、産後の1ヶ月健診のときに、
医師の許可をもらってからにしましょう。)

性生活
産後の1ヶ月健診で、許可を得てからにしましょう。
しかし、出産後しばらくはそんな気になれない・・・と言う人が多いと思います。
夫婦でよく話し合って、お互いの気持ちを思いやることが大切。

排泄
分娩直後は尿意を感じないこともありますが、子宮収縮を促すためにも
なるべくこまめに排尿するようにしましょう。
また傷などがある場合は、排便をすることに恐怖感を覚える人もいると
思いますが、便秘がひどい場合には医師に相談をしましょう。


スポンサーリンク



しあわせ妊娠生活HOMEへ戻る